婚活への不安の正体は実はあなたが一番知っている

ある程度年をとって婚活を始めようとしている人たちに「どんな不安がありますか?」と尋ねると、

①傷つきそうで怖い
②過去の恋愛を引きずっている
③年齢的に恥ずかしい
④出会いがない
⑤若い子には勝てない
⑥恋愛のブランクが長い
⑦見た目に自信が持てない
⑧バツイチ・子持ちだから

という8種類の答えが返ってきます。

これらはまさに同年代のホンネであり、前向きに恋愛と向き合えない理由そのもの。でも、私から言わせれば、恋愛を怖がっているから不安を拭い去れないだけであって、決して「恋愛・結婚できない理由」ではありません。

漠然とした不安を抱いているだけの現状を抜け出すために、まずは不安を軽減させることからはじめていきましょう。

また、見方を変えればこれら8つの不安は、「傷つくのを恐れて、行動を起こせない自分を守るため」の言い訳です。

しかし実際は、恋愛目線でも友人目線でも、ネガティブな言い訳の多い人に声をかけようとは思いません。逆に、「恋がしたい」「いい人がいたらぜひ」。そんなポジティブな雰囲気の人には、気軽に声をかけたり、「協力しよう」と思ったり、「私はどうかな?」と立候補を考えるものです。

私はそのような人と話すとき、まず「どこが不安なのか?」「なぜ不安なのか?」、思いつく限り、できるだけ具体的に話してもらうようにしています。

それは、漠然と抱いていた不安をハッキリさせることで、「自分の状況が思っていたほど悪くない」ことに気づき、「できそうなところから解消していこう」と思えるようになるからです。

実際、そのような不安は、例外なく軽減できるものばかりで、考え方を変えるだけで前向きな気持ちで出会いの場に臨めるようになっていくのです。